potblog

技術メモとかガジェットレビューとか

40,50歳になっても技術職は続けられるのだろうか

ここ半年ほど気になっていたことがあります。

メーカー系で技術者として就職したとして、それは40,50歳になっても続けることはできるのだろうか?
年をとれば手を動かしたり新しいことを試すのが苦痛になるのではないだろうか。

インターンにて技術者をとりまとめる50代の方に聞いたところ、以下のように言われました。

まず君がその年になっても技術者として活動させるかどうかは会社が決めることであって、君ではない。
会社は君の将来に責任を持たない。
当然価値の低い社員には低いなりの仕事が与えられる。
技術職を続けるため、またいざとなったら転職のためにも自分のスキルを磨いておいた方がいい。

その方も就活の時期に同じように考えましたが答えは出ず、就職して10年ほど経ってから上記の考えに至ったようです。

ちなみに自分のスキルを磨く手法の一つは技術系の雑誌を読むことらしいです。

追記:先輩社員さんに、朝起きて職場に行きたくないなぁとか思わないんですか?と聞いたところ、「そんなの毎日思ってるよ。ただ行かないと周りに迷惑かかるし生活もかかってるから行くけど」とのこと。