potblog

技術メモとかガジェットレビューとか

fusionPCBでセール中にPCBAを頼んでみた

fusionPCBで基板実装サービスのPCBAを利用してみました。

PCBAとは回路図データと部品データを送ると発注先で基板の製造と部品の発注と実装が行われるサービスです。

自分ではんだ付けするのが面倒な場合に使えると思います。

通常PCBAには実装費としてそこそこの値段がかかります。
しかし今回発注したタイミングではPCBAのセールが行われており、なんと実装費が無料でした。

実装5枚にかかった費用は約3万円で内訳以下の通りです。

  • 基板代:1000円
  • 部品代:27000円
  • 送料:2000円(無料だと思っていたが代引きされた)

部品代も通販サイト(digikeyなど)の値段の1割増し程度で、自分で実装するのと比べて費用がほぼ変わらなかったので利用してみました。

到着までのスケジュールは以下の通りです。

  • 6/27 発注
  • 8/7 発送
  • 8/14 到着

今回製造にかかる時間が予定の4週間から6週間に伸びたのはセールによる大量発注のためだと思われます。
また輸送にはDHLを選択しましたが、どうやらDHLは土日祝はやってないみたいです。

実装自体は特に問題なく行われておりました。

時間はかかりましたが今回のようにセールがあればまた利用してみようと思います。

Debian9でwordpressを構築する際のメモ

ipの固定

/etc/network/interfaces

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

source /etc/network/interfaces.d/*

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
allow-hotplug enp0s25
#iface enp0s25 inet dhcp
iface enp0s25 inet static
address 192.168.2.104
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.2.1
続きを読む

ubuntu18.04にwordpressをインストールしてmysqlでDBを表示させるまで

  1. ubuntu18.04 serverをインストール
  2. LAMP環境の構築
    www.digitalocean.com
  3. WordPressサーバをインストール
    www.yokoweb.net
  4. wordpressの使い方
    nandemo-nobiru.com
  5. phpMyAdminをインストール
    www.yokoweb.net インストールにエラーが出る場合
    stackoverflow.com
    phpmyadminの使い方
    www.dbonline.jp
  6. ショートコードの使い方
    bge.jp
  7. phpでのmysqlの使い方
    qiita.com

androidとpcとの文字列送受信

androidとpc(teraterm)とで文字列の送受信を行いました。

android側はボタンを押すとteratermにHelloWorld!を送信します。
teraterm側は入力した文字をandroid側に送り、android側でボタンを押すと受信した文字を表示します。

android
f:id:potblog:20181025103814j:plain

teraterm
f:id:potblog:20181025103606p:plain

続きを読む

複数のturtlebot3のシミュレーション環境

turtlebot3_worldに3つのturtlebotを設置した。 初期状態のフィールドとlaunchを以下に示す。

f:id:potblog:20180716002957p:plain

各turtlebot3は以下のコマンドで操作可能。

$ rosrun turtlebot3_teleop turtlebot3_teleop_key cmd_vel:=tb3_0/cmd_vel
$ rosrun turtlebot3_teleop turtlebot3_teleop_key cmd_vel:=tb3_1/cmd_vel

新卒でメーカーから就職先を選ぶ際の就活メモ

就活が終わりました。 今後のために企業の選び方についてメモっておきます。 ちなみに業界はメーカーのみです。

就活の流れ

インターンを通じて就活の模擬練習

夏や冬に2週間程度のインターンが開催されるので、企業選びを通じて志望業界などのイメージを固める。
書籍として業界地図やMONOを参考にした。
大手以外のインターンは雑と聞いたので、夏はとりあえず志望業界の中で大手をいくつか受ける。
2つ受かったが期間が重なっていたので適当に片方を選ぶ。当時は気にしていなかったが、選んだ方はcore30で選ばなかった方はリストラが盛んな企業であった。
冬は1社のみ受けたが落ちた。
夏のインターン生は就活意欲が低いが冬のインターン生は御社に入社しますオーラが漂っているらしい。
なんとなく志望業界が定まる。

続きを読む

turtlebot3のLiderを用いて指定位置まで自律移動させる

turtlebot3を自律移動させるパッケージとしてnavigationがあります。
navigationを利用して指定位置までturtlebot3を動かすノードを作ってみます。

mapの作成

まず環境マップを作成する。 今回は例としてシミュレーション環境のturtlebot3_worldを用いる。

端末を開き

$ roslaunch turtlebot3_gazebo turtlebot3_world.launch

シミュレーション環境が構築される。

slamを参考にしてmap.pgmmap.yamlを作成する。

移動先を指定するノードの調査

端末を開き

$ roslaunch turtlebot3_gazebo turtlebot3_world.launch

navigationを参考にしてmapファイルを読み込み、rivzで表示する。

rvizの2D Pose Estimateを選択してturtlebot3の初期位置を設定する。同様に2D Nav Goalを選択するとturtlebot3の移動先を設定できる。
この状態でのノード・トピックの関係を確認するため、他の端末を開き

$ rqt_graph
続きを読む