potblog

技術メモとかガジェットレビューとか

40,50歳になっても技術職は続けられるのだろうか

ここ半年ほど気になっていたことがあります。

メーカー系で技術者として就職したとして、それは40,50歳になっても続けることはできるのだろうか?
年をとれば手を動かしたり新しいことを試すのが苦痛になるのではないだろうか。

インターンにて技術者をとりまとめる50代の方に聞いたところ、以下のように言われました。

まず君がその年になっても技術者として活動させるかどうかは会社が決めることであって、君ではない。
会社は君の将来に責任を持たない。
当然価値の低い社員には低いなりの仕事が与えられる。
技術職を続けるため、またいざとなったら転職のためにも自分のスキルを磨いておいた方がいい。

その方も就活の時期に同じように考えましたが答えは出ず、就職して10年ほど経ってから上記の考えに至ったようです。

ちなみに自分のスキルを磨く手法の一つは技術系の雑誌を読むことらしいです。

続きを読む

opencvとzbarを用いたQRコードの位置表示について

QRコードを検出するライブラリの一つにzbarがあります。
ZBarのインストール方法とQRコードの位置表示のサンプルプログラムを紹介します。

ZBarのインストール方法

ZBarを使ったバーコード読み取りツールとC/C++ から使う場合に必要なヘッダファイルをインストールします。

sudo apt install zbar-tools libzbar-dev
続きを読む

XBeeの1対1の通信設定

  1. ペアリングの設定ツールのX-CTUダウンロードする
  2. ft232などを介してpcにペアリングしたいxbeeを2つ接続する
  3. X-CTUを起動し、add discoverにてモジュールを登録する
  4. ファームウェアのアップデートを選択し、片方をCoordinator AT、もう一方をデフォルトのRouter ATに設定する
  5. 両方のPAN IDを同じに設定し、互いのSH、SLの値を互いのDH、DLに設定する
  6. 右上のターミナルのようなボタンから、互いのモジュールが接続できているか確認できる

追記
XBeeの新モデルであるS2Cの場合、Coordinator ATやRouter ATが存在しない。
すべてのモードが一つ(ZIGBEE TH Reg)に統合されている。そこで以下の設定を行う。

  • コーディネーターにする場合
    CE (Coordinator Enable)をEnableにする

  • ルーターにする場合
    CE (Coordinator Enable)をDisabledにする

DJI mobile SDKのAndroidにおけるサンプルプログラムの使い方について

概要

mobile SDKAndroid版とiOS版があります。Android版での各サンプルプログラムの動作チェックまでの手順と、各サンプルプログラムの動作内容について紹介します。

環境など

サンプルプログラムの動作チェックまでの基本的な手順

mobile SDKを用いてApp keyとの認証を行うだけのサンプルプログラムがある。例として、そのプログラムのダウンロードから動作チェックまでの手順を紹介する。

続きを読む

DJI mobile SDKとドローンとの接続関係について

概要

DJIのmavicという小型ドローンを触る機会があったので、操作メモやmobile SDKとの接続関係についてまとめてみました。

ドローン本体について

  • 電源の入れ方
    電源ボタンを2回押す(2回目は長押し)
  • コントローラによる着地
    左上の着地ボタン長押し

Mobile SDK

DJI Mobile SDKは、開発者がDJIの航空機やカメラの機能にアクセスできるように設計されたソフトウェア開発キットである。

Mobile SDKに含まれるもの

続きを読む

kinect v2を使った手軽なSLAM

概要

kinect v2を使ってSLAMをしようとするとROSが必要だったりして、試すのに時間がかかってしまいます。
今回はRTAB-Mapという、ROSを使わず手軽に試せるSLAMツールを紹介します。

環境

続きを読む

PC用スピーカーの選び方

概要

PC用スピーカーを買ってみました。
購入する過程で調べたことをまとめてみました。

スピーカーの基本的な構造

  • 構成要素
    • コーン、磁石、ボイスコイル
  • 位置関係
    • ボイスコイルは磁石の地場内に配置される
    • 磁石もしくはボイスコイルとコーンは接している
  • 原理
    • ボイスコイルに電流を流すと電磁誘導によってボイスコイルもしくは磁石(駆動部)は動く
    • 駆動部とコーンは接しているため、駆動部の動きはコーンに伝わる
    • ある周波数帯で駆動部を動かし、コーンを経由して空気振動に変換して音を発生させる
続きを読む